ユーカーパックなら2000社の買取専門店に査定額を見積もりしてもらえる!?

 

車を売却したい時に少しでも条件が良い価格で取引成立させたいものですが、売却時には様々な選択肢があります。

 

下取りや買取り、オークション等、どの方法を利用するかによって売却額は大きく変わるものであり、一般的には下取りよりも買取りの方が競争原理が働いて高く売れる可能性があり、オークションはその時の入札者によって金額は全く変わってくるものです。

 

ネット時代に入ってから、複数業者に買取一括査定を行えるサービスが台頭しましたが、2016年4月からユーカーパックというサービスが誕生しています。

 

一般的な一括査定サービスとユーカーパックでは何が違うのか、メリットやデメリットを知ると、ユーカーパックを利用した方が良いという決断をされる方も多いですが、まずはどういうものか知っておくと、売却時の選択肢が拡がるでしょう。

 

ユーカーパックは売却希望者と購入希望業者との間に入る仲介サービスと言えるものであり、ユーカーパックが車の買取りを行っているわけでは無いのです。

 

一回の査定で2000社からオファー可能

 

例えば通常の一括査定サイトを使えば、個人情報入力や簡単な車情報を伝えると、複数業者から連絡が来て、業者の査定額を比較検討出来るメリットがありますが、個人情報が複数社に流れて電話連絡等が大量に来るデメリットもあります。

 

ユーカーパックを利用すれば、個人情報はユーカーパックだけに伝わり、買取業者まで個人情報が届かない仕組みですから、買取業者から電話やメールが来ない状態で取引を進めていけるのです。

 

多くの一括査定サイトでは10社程度の中から比較検討になりますが、ユーカーパックを仲介させれば最大1000社程からの見積りを受ける事が出来て、より高い競争が働くものです。

 

ユーカーパック加盟店のガソリンスタンドにて査定が行われ、査定は一度だけで良いですから、複数社に現物の車を見せる必要も無く便利と言えますがコレが大きな特徴でしょう。

 

買取業者は他社が入札する金額も解るようになっており、この辺りはオークションシステムのような形になりますから、より競争を煽って売却希望車の価格が吊り上がる可能性が高くなるのです。

 

売却時の代金やりとりもユーカーパックが仲介してくれますから、利便性が高い仲介サービスになっており、手続き関係でも煩わしさが無いと言えるでしょう。

 

もちろんメリットだけではなく、デメリットもありますが、このユーカーパックのサービスでは売却から現金化までに、一般的な一括査定サービスに比べると時間がかかる点があります。

 

仲介される事によって、売却者の手元に現金が届くまでの時間が少しばかり遅れる傾向にあり、即現金化したいという方には不向きです。こうした特徴を知った上で、利用するべきかどうか判断すると良いでしょう。